レズビアン同性愛者の悩みはどんなことが多い?

キャミソールの女性

 

レズビアンは女性の同性愛者として世間一般に認知が広まり、LGBTの筆頭にもなっています。

 

しかし、まだまだ少数派の女性達は、周囲に打ち明けられない悩みを抱えている傾向です。

 

 

同性愛者だと理解してもらうこと

 

どんなことが多いかといえば、単純に同性愛者だと理解してもらうことや、既に付き合っている人がいるなどです。

 

また、レズビアンという概念そのものの理解が乏しい、そういうふうに感じたり悩みを抱えるケースも少なくないです。

 

カミングアウトに関する悩みは、実は日本以外の国々でも案外多い問題で、同性愛者に対する寛容さが深まる現在においても、レズビアンだと打ち明けるのは難しいです。

 

更に、そういった自身の立ち位置や社会的な制限によって、余計に一人で考え込んでしまうといえるでしょう。

 

同じ境遇の人がいない

 

どんなことでも話せる相手が欲しい、これも同性愛者なら珍しくない悩みの一つです。

 

例えば同性同士の恋愛相談がそうですし、付き合っている相手と喧嘩をしてしまい、どう仲直りするのが良いかというものもあります。

 

一般的な異性愛者からすると、何ということのないものに思われますが、レズビアンは周囲に似たような境遇の人が限られるので、相談しにくい問題が存在します。

 

加えて、異性愛者に相談しても有用な答えが得られない、これもまた頭を抱えさせてしまいます。

 

付き合い方の悩み

 

二人の関係性が良好だと、逆に将来に対する不安が強まったり、どういう付き合い方が無難なのか悩み始めます。

 

異性愛者であれば、両親に相手を紹介したり、結婚を決めて報告をするのが普通でしょう。

 

ところが、レズビアンは相手が女性ということもあり、精々友人として紹介するのが精一杯です。

 

勿論、理解のある両親ならカミングアウトできるでしょうが、考えが古かったり同性愛に拒否感がある場合だと、二人の関係性を偽って隠すことになります。

 

両親に対する罪悪感や、バレた時の言い訳や誤魔化し方など、異性愛者なら悩まないことに囚われてしまったり、労力を費やす結果に至ります。

 

それこそが割りと多い苦悩で、誰もが一度は経験したことのある辛さだと思われます。

 

様々なことが悩みになる

 

仮に両親が不寛容の立場を取り、ケンカ別れをするような事態になれば、本人は傷付きパートナーも辛くなるものです。

 

こういう展開を避ける為に、本人は余計に一人で抱え込んだり、パートナーにも秘密を持ってしまうことがあります。

 

つまり、どんなことでも悩ませる要因になり得ますし、案外身近な人との間で苦悩するケースが多いといえます。

 

レズビアン同性愛者が出会える優良出会い系はこちら

レズ同性愛カップル


レズビアンの登録がすごく多い、日本最大級の出会い系サイトです。渋谷109横のビルの巨大広告看板が有名です。有名芸能人をカバーガールに採用し信頼度を高めています。全て完全無料で同性愛同士が出会えます。無料登録後すぐ出会いスタートです。


女性同士がやり取りできる出会い系です。もちろんレズビアンカップル募集掲示板あり。全国でビアンカップル成立しています。無料登録ですぐパートナーが探せます。


規模はそんなに大きくないですが、女性同士の出会いに利用できる優良出会い系です。女の子の日記やエッチな写真が見放題です。ブログや日記などのコンテンツを楽しみながらレズビアンが出会えるサイトです。